Nagoya University High Energy Physics Laboratory - N-ken
Event
現在イベント情報はありません。

Headline
2018年
9月17日

日本物理学会にて研究成果を報告しました。

9月14-17日に信州大学にて日本物理学会2018年秋季大会が行われました。N研からは17名が研究の成果を報告しました。

<一般講演>
鈴木一仁 「J-PARCミューオンg-2/EDM実験のためのレーザー加工したシリカエアロゲル標的からのミューオニウム放出の研究
伊藤秀一 「高輝度 LHC-ATLAS実験に向けた TGC検出器の読み出し回路に搭載するASICの動作検証
稲熊勇人 「高輝度LHC-ATLAS実験に向けたTGC検出器の前段読み出し回路の放射線対策手法の開発
前田陽祐 「Belle II実験に於けるe+e-→π+π-反応断面積精密測定手法の研究
江角悠 「LHC-ATLAS実験Run-3に向けた細分化カロリメータ情報を用いたレベル1タウトリガーアルゴリズムの開発
麻田晴香 「高輝度LHC-ATLAS実験に向けたTGC検出器によるμ粒子飛跡トリガーの大規模FPGAへの実装
前田陽祐 「Belle II実験 Phase 2運転に於けるTOPカウンターの運転状況と粒子識別性能
千賀智史 「Belle II実験 TOPカウンターの電子・陽電子衝突データを用いた位置・時間較正
奥藤陸矢 「Belle II実験Phase 2 衝突データを用いたTOPカウンターの光子検出効率の評価
都築識次 「Belle II実験Phase 2におけるTOPカウンターでのビームバックグラウンド測定
室山玄太 「角型MCP-PMTの光電面寿命に対するフィードバックイオンの影響
須江祐貴 「J-PARC muon g-2/EDM 実験: 崩壊陽電子飛跡を用いたミューオンビーム分布の測定手法の開発
川口智美 「LHC-ATLAS実験のH→μμ探索における不変質量再構成手法の改善
佐野祐太 「LHC-ATLAS実験におけるベクトルボゾン融合過程でのヒッグス対生成事象hh→4bを用いた重いヒッグス粒子探索手法の確立
脇田萌 「高輝度LHC-ATLAS実験におけるグルイーノとスクォークの探索感度推定
若松一輝 「高輝度LHC-ATLAS実験のルミノシティ向上を見据えたTGC検出器によるμ粒子飛跡再構成トリガーアルゴリズムの開発
林田翔太 「LHC-ATLAS実験Run-3に向けたマルチスレッディング技術のミューオントリガーメニューへの実装

<シンポジウム講演>
堀井泰之 「HL-LHC計画に向けた検出器開発状況
2018年
8月11日

オープンキャンパスにて研究室公開を行いました

8月10日(金)の名古屋大学オープンキャンパスにて、N研の研究室公開を行いました。県内外から来られた多くの方に、素粒子や実験で使う装置などを紹介しました。多くの方のご来場、ありがとうございました。
当日の様子はこちらからご覧いただけます。
2018年
8月8日

国際会議RICH2018にて、研究成果を報告しました。

7月29日(月)-8月4日(金)にかけて、ロシアのモスクワで行われた国際会議RICH2018にて、N研の前田陽祐研究員(KMI)が研究発表を行いました。スライドは以下からご覧いただけます。

前田陽祐 「Operational status of the Belle II Time-Of-Propagation counter readout and data acquisition system

2018年
7月24日

国際会議CHEP2018にて、研究成果を報告しました。

7月9日(月)-7月13日(金)にかけて、ブルガリアのソフィアで行われた国際会議CHEP2018にて、N研の加藤悠司特任助教(KMI)、博士前期課程の林田翔太君が研究発表を行いました。スライドは以下からご覧いただけます。

加藤 悠司 「Monitoring system for the Belle II distributed computing
林田 翔太 「The ATLAS Muon Trigger

2018年
7月24日

国際会議ICHEP2018にて、研究成果を報告しました。

7月4日(水)-7月11日(水)にかけて、大韓民国のソウルで行われた国際会議ICHEP2018にて、N研の堀井泰之助教、Alessandro Gaz特任准教授(KMI)、松岡広大特任准教授(KMI)、博士後期課程のDmitry Neverov君が研究発表を行いました。スライドは以下からご覧いただけます。

堀井 泰之 「Evidence for Higgs boson production in association with a ttbar pair
堀井 泰之 「The upgrade of the ATLAS Muon System for High-Luminosity LHC
Alessandro Gaz 「Time dependent CP-violation measurements at Belle II
松岡 広大 「New results on R(D) and R(D*) from Belle
Dmitrii Neverov 「Dark Sector Physics with Belle II

2018年
6月11日

第59回名大祭が開催されました。

6月7日(木)-10日(日)にかけて、第59回名大祭が開催されました。6月9日(土)に、N研はC507と豊田講堂で研究室紹介を行いました。当日の様子はこちらからご覧いただけます。たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
2018年
6月1日

Physical Review D誌と Journal of High Energy Physics誌に論文が受理されました。

中浜優准教授と博士後期課程の佐野祐太君が主要な貢献をした論文「Search for squarks and gluinos in final states with jets and missing transverse momentum using 36 fb-1 of √s=13 TeV pp collision data with the ATLAS detector」[arXiv:1712.02332] が Physical Review D誌に、 中浜優准教授とN研卒業生の小野木宏太さんが主要な貢献をした論文「Search for top-squark pair production in final states with one lepton, jets, and missing transverse momentum using 36 fb-1 of √s=13 TeV pp collision data with the ATLAS detector」[arXiv:1711.11520] が Journal of High Energy Physics誌に受理されました。
これらの論文は、それぞれ、超対称性理論が予言するスクォーク・グルイーノ包括的探索とトップクォークの超対称性パートナー(ストップ)の探索の2つに対応しています。 超対称性粒子の発見には至りませんでしたが、グルイーノの質量は最大 2 TeV、ストップの質量は最大 1 TeV まで質量縮退した領域も含めて、重要な超対称性粒子パラメーター空間に対する感度を大幅に広げました。
2018年
4月26日

Belle II 測定器で初衝突(ファースト・コリジョン)が観測されました!!

SuperKEKB加速器による初の電子・陽電子衝突がBelle II 測定器で観測されました。
下の写真は観測されたファースト・コリジョンイベントと筑波実験棟のコントロールルームの様子です。
KEKによるプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

提供 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
2018年
4月4日

国際会議Moriond QCD 2018にて、研究成果を報告しました。

3月17日から3月24日にかけてイタリアのラ・トゥイールで行われた国際会議Moriond QCD 2018にて、N研の加藤悠司特任助教がBelle実験におけるチャームバリオンの最近の研究について報告しました。
スライドは以下からご覧いただけます。

加藤悠司 「Recent studies of charm baryon spectroscopy and decays at Belle」
2018年
4月1日

2018年度スタート

本日より、新たにM1として7名、B4として6名が加わり、新年度がスタートしました。
本年度もよろしくお願いいたします。
Headline
Archives

ヘッドラインアーカイブス

過去の記事はこちらでご覧になれます。

About Our Laboratory

素粒子物理学とはなんだろうか?

N研での研究内容

N研メンバー

N研写真館

当研究室を受験する人へ

交通アクセス

リンク

Nagoya University High Energy Physics Laboratory - N-ken